即日融資の金利と計算方法

最短即日融資の金利と計算方法

お金を借りるさいにその手数料として支払うのが金利です。そのため、お金を借りるさいには借りたお金である元金のほか金利によって発生する利息を返済する必要があり、借りる前には利息の計算をしておくのが無難です。
利息の計算は元金と金利と借入期間を掛けあわせたものであり、単純に考えれば50万円は年利17.8%として1年(365日)返済では、利息の総合計89000円となります。ただし、これは単純に利率を掛けたものであり、1年後に返済した場合の話であり、実際には月々の返済が行われているので元本は減少しておき、これにより掛かる利息も少なくなってきます。つまり元利均等法と呼ばれる支払い金額が均一な返済方式であれば、毎月滞り無く返済すれば49503円となります。
利息のカウントは、民法では借りた翌日から開始されるので最短即日融資であれば翌日からが適用の対象となりますが、契約で当日から利息が発生すると定められている場合には、融資が行われた当日もそのカウントに入ることになります。

おまとめローンの審査と職業の関係:パート、アルバイト

パート、アルバイト 即日融資
複数のカードローンやクレジットカードで生活が圧迫されてきた方にはおまとめローンがおすすめです。

おまとめローンは複数のローンをまとめて完済し、ゆっくりと返していくローンです。一般的に長期のローンで、低金利となっていることが多いので生活費への支払額の割合を減らせると大変好評です。

おまとめローンの審査は厳しいと言われていますが、中でも職業による審査が厳しいと言われていますが、ほとんどのローンでは職業による審査での不公平はありません。

審査ではアルバイト・パートでも通る方が多いのが特徴でもあります。カードローンと同様、職業での差別はありませんが、気をつけておきたいのが転職、就職したばかりの方です。

勤続年数はチェックされますので1年程度経っていないと不利な事が多いようです。

ただし、年収によるチェックを受けるようなアルバイト・パート、自営業者の場合は勤続年数は関係ないのであくまでも収入のよるチェックとなることが多いようです。

最短即日融資@当日にお金借りるなら トップページへ